ダイビング

【悪徳ショップには騙されない①】器材の押し売りには注意せよ

アイコン名を入力

ダイビングを始めたいんです

アイコン名を入力

きたきた~、売りつけてやろう

とまではいきませんが、知識がないと売りつけられる可能性があります

この記事では、都市型ショップの特徴と購入時に必要な考え方(知識)を書いていきますので参考にしてください。

1.都市型ショップは悪徳?

1.都市型ショップが悪徳といわれる理由

都市型ショップとは、リゾート地にあるショップではなく、東京や大阪など市内にあるショップのことです。

ダイビングを始めたい、しかも続けていきたい場合は、都市型ショップを利用するのは、おすすめです。

検索で、「都市型ショップ 悪徳」と出るのは、「高い器材を売られるから」がひとつの理由です。

しかし、ショップも商売です。利益のために、器材の購入とライセンスの取得は必ずすすめてきます。

しかし、悪い器材を高額で売っているのではなく、良い器材を高く売っているので、悪徳や詐欺まがいではないです。

2.初心者が器材購入時に知っておくべきこと

初心者なので、ダイビングのことも、器材のこともわかりません。都市型ショップで器材をすすめられるまえに最低限しっておくべき知識は、器材にはメーカーや種類がたくさんあるということです。

都市型ショップで扱っている器材はほんの一部です。選択肢がほぼなく、決まった器材を購入することになります。

ダイビングができるようになってリゾート地で趣味でダイビングをしたい人に、ドライスーツ(冬用のダイビングスーツ)が必要でしょうか?

ダイビングスーツは既製品がいいですか?オーダーメイドがいいですか?

他にも必要な器材は、使いやすさなどを考慮して自分で選ぶべきです。

私も全く知識もなく結局100万近く払いました。賢く買えば1/3の値段で行けると思います。

2.器材の押し売りには注意

都市型ショップも、商売です。ライセンスや器材が売れないとやっていけないので、確実にすすめられます。

器材は都市型ショップですべてを購入する必要はないです。

器材をすすめられたときは、「当分レンタルで試して自分に合う器材を選びたい」「夏用のウエットスーツは既製品でいい」などしっかりと答えないと、ひどい都市型ショップだと、契約するまで帰してくれないということがあります。

初心者が器材購入時に知っておくべきこと

器材にはメーカーや種類が多くある

自分のダイビングスタイルを想像する

ダイビングスーツは既製品でいいのか、オーダーメイドにするのか

アイコン名を入力

ダイビングは一生の趣味になります。

ただただわからず契約をしてしまうと損をするので、しっかり知識をつけていきましょう。