ダイビング

ダイビングインストラクターとお客さんの恋愛はある?

アイコン名を入力

インストラクター、かっこいい~すき~♡

いい感じに筋肉がついていて、なによりも不安な水中で助けてくれたり、水中では距離感が近いので「かっこいい~♡」となりますよね。

しかし、自分はいっぱいいる客のひとり。。つきあったりできるのか気になりますよね。

この記事では、インストラクターとお客さんの恋愛はあるのか。恋愛対象となっているお客さんとそうでないお客さんとの違いを書きます。

この記事でわかること

・ダイビングのインストラクターとお客さんの恋愛はあるのか?

・結婚相手になるお客さんの共通の対応

ダイビングのインストラクターがお客さんと恋愛はある?

結論は、男性インストラクターと女性のお客さんの場合は、「あり」です。

女性のインストラクターと男性のお客さんという組み合わせは、私の通っていたショップではなかったです。

     私の通っていたショップの男性インストラクターの結婚事情(計10人)

お客さんとの結婚の確率が高いと感じたのですが、要注意は、遊び人2人ですね。

ショップによっては、「恋愛商法」と呼ばれる、まるでデートのように食事をおごってもらい、そのあとショップで契約させられるものがあるので要注意です。

恋愛対象になっているお客さんにしかしないこと

インストラクターとお客さんとの恋愛や結婚は「あり」です。

しかし、お客さんが大勢いることも確かです。ここで、恋愛対象になっているかいないかがわかるポイントは2つです。

恋愛対象になっていると

・必要最低限のライセンスしかすすめてこない

・ツアーには誘われない

お客さんと結婚したインストラクターは、共通して彼女にはスペシャリティまでのライセンスで、自分のツアーにはよんでいないです。

彼女に高いライセンスをすすめたり、高いツアーに誘わないですよね。

つまり、高いライセンスをすすめられる、高いファンダイブやツアーに誘われる、ショップのイベントにしょっちゅう誘われるのは、恋愛対象ではないです

まとめ

好きになると、そのインストラクターのツアーやファンダイブに行きたいし、いわれたままライセンスを申し込んだりしてしまいます。

これらのことが絶対、悪いということではありません。高くてもその時の仲間と潜るのは楽しいですし、ライセンスを取って技術や知識を身につけることで、安全に潜ることができます。

しかし、「好きだから」という理由でお金をつぎこむのはやめましょうね。